ツアーブログ

TOUR BLOG

東京宝塚劇場 雪組公演S席 【8/24(金)】
2018年8月25日

今日は宝塚劇場雪組公演

「凱旋門」の観劇です。

第一幕の『凱旋門』は、

2000年に雪組で初演。

第二次世界大戦前夜のパリを舞台に、

過酷な運命に翻弄されながらも

懸命に生きる人々の姿を描いた物語です。

今回の公演は、

初演時に主演を務めた専科の轟悠と、

今勢いに乗る望海風斗率いる雪組との

共演も話題となっています。

宝塚に疎い私ですが

「轟悠」さんに魅了されました。

立ち居振る舞いのすべてが

ステキ過ぎです。

低音の

魅力的な歌声もステキでした♫

雪組男役トップスターの望海風斗(ノゾミフウト)さん、

娘役トップスターの真彩希帆(マアヤキホ)さんもステキ♫

第二幕『Gato Bonito!!』は、

美しい猫からイメージされる姿を

個性豊かな雪組生たちに重ね合わせ、

バラエティに富んだ場面で構成される

華やかでドラマティックなラテン・ショー。

今回の演出・振付 は謝珠栄氏。

日本を代表する演出家・振付家として活躍し、

宝塚歌劇団でも数々の名作を残しています。

 

私達を夢見る世界に誘う「宝塚」。

お客様のお顔を拝見して

十分に満足して下さっているのが

伝わりました。良かった良かった・・・♫

次回の宝塚観劇プランは(上記ポスター)

宙組公演12月6日(木)。

演目は

『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』

作・演出/大野拓史

 

絢爛たる平安の都で始まった、

白皙の貴公子、陰陽師・安倍泰成と、

艶やかに人心を惑わす妖狐・玉藻前の対決は、

時を越え、場所を変え、

豪壮たる名城「白鷺の城」で

終に決着の日を迎える。

 

千年に亘って

転生を繰り返しながら、

争い、

そして魅かれ合う陰陽師と妖狐の宿縁を、

時に雅やかに、

時に妖しく描く、日本物レヴュー。

 

宜しかったらご参加下さいませ。

お待ち致しております。

 

今回もご参加有難うございました。

次回又お会い致しましょう・・・♫

(*上記写真のすべては、宝塚HPより)

 T /C keiko ♪