ツアーブログ

TOUR BLOG

曼珠沙華が咲き誇る巾着田 人気のサイボクハム&小江戸川越散策【9/22】
2018年9月30日

自然の宝庫、日高市を歩く。

五百万本の曼珠沙華群生地、巾着田曼珠沙華公園

 

昭和40年代後半に、巾着田の用地を当時の日高町が取得し、薮や

竹林、あしに覆われた現地を整地したところ、9月頃一斉に曼珠沙華

が咲き揃い、多くの方の関心を呼ぶようになりました。

河川の増水等により流れてきた漂流物の中に混じってきた球根が漂着

し、根付いたものと考えらています。

平成29年9月20日、天皇皇后両陛下が、行幸啓で巾着田を訪れた。

 

川越に移動、その前にサイボクハムで昼食!

「五色御膳」を頂きいざ川越へ。

 

「九里より旨い十三里」は健在 川越

日本橋から13里(約52㎞)の距離にある川越。

江戸時代、川越のサツマイモは、

「九里(栗)より甘い十三里」とも呼ばれ大人気でした。

今も城下町には江戸情緒と、おいしいものがあちこちに。

蔵造りの町並み。

時の鐘

川越のシンボル。

一日4回鐘の音が聞けます。タイムスリップする!?

 

〜おいしい川越〜

“金笛の胡麻ドレッシング”

 

“川越ベーカリー楽楽”国産小麦、天然酵母、無添加、そして手作り。

人気No. 1はお味噌のパン

町のあちこちでサツマイモのお菓子「いも恋」とてもおいしい!!

川越=サツマイのイメージが定着したのは江戸時代です。

その頃江戸の町では焼きイモが大ヒットしたから。川越イモは質が

よくて高級品とされました。

 

川越の町におしゃれな“スタバ”で一休み。

美しい、おいしい、そして秋を感じさせる埼玉….また足を運びたい。

 

                                                                                            T/C komori