ツアーブログ

TOUR BLOG

感動の御来光🌅日本一の山「富士山」7/24〜25
2019年8月21日

ほかの山を圧して雲海の上にそびえる日本一の山へ。

日本一なのは高さだけではない

富士山の高さは圧倒的で第2位の南アルプス北岳に標高で

583mの差をつける。しかも、巨大で、整った円錐台形の

独立峰で、遠くからも目立つ。信仰登山に始まる登山史、

登山者の数、さらには富士山を描いた絵画や詩歌など日本

一、世界一級の項目が多数ある。

富士スバルライン五合目の標高は2300m。気圧は平地の4分の3。

一気に登ってくると、高度順化が間に合わない。五合目に着いても、

1時間以上休憩してから登り始める。

 

ヨーロッパアルプスで近代登山が始まった18世紀よりはるか前に富士

山では信仰登山が盛んだった。それが、現在20〜30万人を数え、高山

では世界最多の年間登山者数にもつながる。

 

山梨県と静岡県にまたがる富士山の主な登山口は合わせて4ヶ所あり、

登山者の半数以上が吉田口の富士スバルライン五合目を利用する。

未舗装の車道に入る。車道は幅広く、下り気味なので、はやる気持ち

と相まってペースを上げがちだが、くれぐれもゆっくり歩く。

ここで車道から右上へ別れる林道状の山道に入ると、いよいよ登りが

始まる。

六合目からいよいよ本格的な登りとなる。

頭上には砂礫と荒原の斜面がはるか上まで続く。溶岩がむき出しになった

斜面をひと登りすると七合目で、次々に山小屋が現れる。

八合目の太子館に到着。ほっとひと安心。

夕食までリラックスタイム。すでに就寝中の登山者もいるので、静かに

過ごす。

夕食も取り就寝。

 

23時に起床、冷え込みが厳しい。そして頭痛が・・・。いよいよ山頂目指し出発!

頂上までは渋滞が断続的に続く。

吉田口・須走口下山道側の成就岳ふきんは、山頂の中でも人気のご来光

スポット。日本一の頂上はたくさんの登山者でにでわっている。

これからドラマチックな瞬間が始まる。

山頂から拝む御来光はとても神々しく、生きるパワーを感じる。

たくさんの出会いがあり、生きる源でもある。

^^^吉田ルート(目安)^^^

コースタイム合計 11時間35分

1シーズンの登山者数 約15万4000人

コース距離 17.4km

標高差 1471m

T/C komori