ツアーブログ

TOUR BLOG

坂東三十三観音霊場巡り ⑩
2019年11月13日

今回の坂東三十三観音霊場巡りは前回、前々回に引き続き千葉県へと向かいました。

当初、10月12日(土)に予定していたものの、大型台風の影響で26日へと延期。

またまた、前日の暴風の影響で11月9日へと再延期となり、ようやく催行する事が出来ました。

最初は第三十一番札所「笠森寺(笠森観音)」

駐車場から急で長い階段を上がるとようやく山門が見えてまいります。

その先には大きな岩山に立つ高さ30m,大悲閣と呼ばれる観音堂が。

全国でも唯一の四方懸造りの御堂で国の重要文化財にも指定されている建物。

岩の上に木で組み上げられて姿は寺というより、空にそびえる楼閣。

急な75段の階段を昇って辿り着いた回廊からは360度の大パノラマが

広がります。

お待ちかねの昼食は「一宮シーサイドオオツカ」にて。

プールサイドの見晴らし良いレストランにて新鮮な「七福海鮮丼」を頂きます。

午後は第三十二番札所「清水寺(清水観音)」へ。

山号の音羽山は京都「清水寺」のある音羽山に似ているところに由来しているそう。

「風神」「雷神」を安置する朱塗りの四天門をくぐり、

右手に奥院堂。

 

 

左手には百体観音堂と珍しい赤穂四十七志像

正面の「千手観世音菩薩」が安置される観音堂へ。

次回(11月16日)はいよいよ最終回。

千葉県館山市にございます「第三十三番札所 那古寺」 へと向かいます。

「結願(けちがん)」まであと1回。