ツアーブログ

TOUR BLOG

三代和牛食べ比べ・枯露柿の里
2019年11月25日

2019年11月16日・晴れ

今日は久しぶりの行楽日和、ついついお外に出たくなるような陽気でした。

八王子ジャンクションで渋滞に巻き込まれ50分遅れで信玄館へ。

今年も行ってきました!!三代和牛食べ比べ!!

近江・松阪・米沢。

お肉を見分けるってとっても難しいらしく、見た目はプロの目でも識別不能なぐらいにてるそうで、

味はそれぞれの個性が出るようですよ〜。

でも、お客様は一気にお鍋に投入していました。

味も大切ですが、その時の雰囲気や誰と楽しんだかで味覚や思い出が変わるとか。。。

お腹を満たした後は、観光ガイドさんを付けて

枯露柿の里へ。

見事に干されていました。

お天気も良いのでオレンジ色が映えますね〜。

枯露柿をしっかり目に焼きつけた後は恵林寺へ。

四脚門(赤門)

恵林寺の南の入口に建つ総門(通称:黒門)から入って、参道を進むと見えてくるのが四脚門(通称:赤門)。徳川家康の再建と伝えられるもので、国の重要文化財。 恵林寺の山号である「乾徳山」の額を門の上に堂々と掲げている。

三門

四脚門(赤門)をくぐり庭園を進んでいくと、次なる門が見えてくる。県の重要文化財に指定される三門である。この三門には織田信長の焼き討ちで壮絶な火定を遂げた快川和尚の遺偈が掲げられているが、現在のこの三門は、まさしくその悲劇の現場に建てられている。

(恵林寺HPより抜粋)

観光ガイドさんを付けて恵林寺の説明を受けてきました。

戦国武将の武田信玄古刹の菩提寺として歴史あるお寺、偉人のお墓や魂の入った仏像があるのでパワースポットにも

なってるそうです。

お次は。。。

ハーブ庭園へ

必ずガイド付きでお店の中を案内しくれます。

「ハーブに興味のある方〜」からおなじみのセリフ。大体興味が無く笑いを掴む若いお兄さんの案内の元

中にはいって行くと山梨の富士山と名前がついた立派な胡蝶蘭やクリスマスに合わせてのポインセチアのツリー。

どれも立派です。

中で、ハーブの説明やブルーベリーの試飲を楽しんだ後は、

ボジョレーヌーボーが解禁したシャトー勝沼ワイナリーへ。

ボジレーヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日と決められています。

勝沼ワイナリーも解禁になりお客様は美味しい、美味しいと何度も試飲され堪能されていました。

1名お子様の参加がありましたが、飲めないお子様にも、ぶどうの酢、ジュースなど飲まれていました。

今回は42名の参加があり、写真を撮りたい方、それぞれの施設を楽しみたい方と色々な目的があり

本当に楽しんでいらっしゃいました。

久しぶりの秋晴れに心踊らずにはいられなっかたのでしょうか。。。

そんな姿を見ると添乗員も嬉しいです。

次の企画にも気合が入ります!!

本日もご参加いただきありがとうございました。

 

T/C YUKI